こんにちは!広告代理店エー・ディー・ビーのブログ担当です。

今回のテーマは「求人広告は代理店に依頼することが得策」です。

 

求人広告は「直販」と「代理店」の2つの掲載ルートがある

求人情報サイトを運営する会社や、求人情報誌を発行する会社を「直販会社」あるいは「媒体社」と呼称します。それらのサイトや情報誌に掲載する求人広告を扱う広告代理店は「求人広告代理店」「代理店」と呼ばれます。

そのどちらに掲載の申込をしても、掲載されるサイトや雑誌は同じものになります。

また、掲載料金も原則として変わりません。

いわゆる「定価」はどちらも同じです。

直販は定価どおりだが、代理店は定価に加えて別に手数料等が発生するといったことはありません。

ただ、交渉によって値引きをしてもらうことはできます。

たとえば、単発の掲載であれば定価どおりの金額であっても、何回か連続での掲載をされる場合は掲載料金の総額より何パーセントかを割引してもらうなどの交渉が可能です。

特に、半年や1年間など長期にわたる掲載契約をするとなれば、割引率も大きくなるでしょう。

ただ、直販であれば掲載料が安くなり、代理店であれば高くなるといった差はほとんどありません。

連続掲載や長期間契約などの場合は、見積もりをとれば多少の差が出てくるかもしれませんが、目だって大きな差はないものと考えられます。

 

求人広告は「直販」よりも「代理店」に依頼するほうがメリットが大きい

「直販」はいわばメーカーです。

他の商品であれば、販売代理店ではなく、メーカー直営の店舗から購入したほうがよいイメージがあります。

購入後の保証やアフターサービス等を考えてのことでしょう。

しかし、広告のような形のない商品の場合は、その法則が当てはまることはありません。

むしろ、さまざまな求人サイト、求人情報誌を幅広く扱うことができる代理店のほうが掲載を依頼するメリットが大きいのです。

まず、直販の場合は、当然のことながら自社媒体のみ、自社の求人サイトや求人情報誌のみを扱っています。

そのため、「この募集内容であれば自社の媒体よりも、他社の媒体のほうが強い」とわかっていても、自社の媒体を勧めることしかできません。

代理店の場合は、そのようなしばりがないため、募集内容に対して最も適しているであろうと考えられる媒体を選択して、提案することができるのです。

 

その点が最大のメリットでしょう。

 

募集を出す会社の業種、募集する職種、年齢層、地方、その他さまざまな条件によって、その募集に最も強いと考えられる求人媒体があります。

その媒体を選んで提案できるのは、幅広く求人媒体の出稿窓口を持っている代理店だけです。

 

当社はどのような求人であれ、最大の効果を得られる求人方法を提案できます。

まずはご連絡ください。

詳しい募集条件などをおうかがいしたうえで、最適と考えられる求人媒体のご提案をさせて頂きます。

page top

toiawase