創業29年 商品販売・集客・求人募集>広告代理店

覚えておきたい求人広告のルール

国内にはアグレやアルパ、Be-jobなどの地域限定版から全国版のバイトル、マイナビなど数多くの求人媒体が存在します。写真やカラフルな文字を使った求人広告もあり、デザインに関しては自由なイメージのある求人広告ですが、内容については様々なルールが定められています。

虚偽の内容や誇大表現の禁止

求職者に誤解を与えるような誇大表現や虚偽の内容を求人誌に掲載すると、法律で罰せられます。実際に支給される給与よりもかなり高額な給与を掲載したり、子会社が知名度の高い親会社を名乗って求人広告を出したりすると罰せられる可能性があります。事実と異なる内容を求人広告に掲載すると企業のイメージが下がり、求職者からの信頼も損なうので、事実のみを的確に掲載することが大切です。

男女差別の禁止

男女雇用機会均等法により、「女性歓迎」「男性募集」などの性別を特定した表現は禁止されています。「営業マン」「ガードマン」「看護婦」といった言葉も性別が特定される表現のため使用してはいけません。「営業マン」は「営業社員」、「ガードマン」は「警備員」、「看護婦」は「看護師」という風に表記を変える必要があります。ターゲットに合わせて、画像やデザインで工夫をします。

年齢制限の禁止

年齢制限があると中高年の再就職が厳しくなるため、2007年に法律が改正されて採用時の年齢制限が原則禁止となりました。この法律は求人広告にも適用されるので、「30歳未満」などと年齢を制限する表記には別途ルールが設けられています。その他、法律で年齢制限が設けられている職種や、映画で子役を募集する場合なども、年齢制限ができる規定が定められています。
この他にも、求人媒体社が独自に掲載ルールを設けていることがあります。複数の媒体に求人広告を掲載する場合は、それぞれの掲載ルールを確認して下さい。

当社は全国各地の求人媒体を取り扱っている広告代理店です。広告の質を上げて無駄な掲載料金を削減したいとお考えの企業様は、当社へお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5813-3395 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

全国媒体エリアMAP

◆PDFダウンロード

Facebook

営業カレンダー

建設業様必見!今なら登録無料☆
お仕事マッチングサイト
PAGETOP
Copyright © 株式会社エー・ディー・ビー All Rights Reserved.