4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_m (2)

好評をいただいている弊社の名刺型ミニパンフレット、キャリーパンフ。

そのサイズから持ち運びが容易で、名刺交換をそのまま商談のチャンスに変えることができる!と現場の営業の方から好評をいただいています!

そんな弊社のキャリーパンフですが、ミニパンフレットは他社からも発売されています。

それではそれぞれどんな特徴があって、どんなシーンにおすすめなのか。今回は弊社のキャリーパンフを含めて5つのミニパンフレットを比較します!

BtoB向けをお考えの方

①ミニパンフレット制作専門 研究所

1

http://www.itoyoshiyuki.com/pamphlet/

機能

ミニパンフレット制作研究所のミニパンフレットは、BtoBの商談に特化したタイプのミニパンフレットです。

大きな特徴は、パンフレット制作の際に広告戦略コンサルタントがヒアリングを重ね、広告コンサルタントの視点からクライアントのビジネスを最大限アピールする方法を考える点でしょう。さらにこのコンサルタントが企画、構成、デザインを一貫して行うため、よりビジネスにつながるミニパンフレットを制作することができます。

一からじっくり作りたい方にオススメです。

費用

費用に関してですが、サイトからは確認することができませんでした。
個別に問い合わせをする必要があります。

BtoC向けをお考えの方

②ながくてデザイン

2

https://www.nagakute-design.com/ 

機能

ながくてデザインは、ミニパンフレットに限らず様々なデザインを手掛けており、よりBtoCに特化したパンフレット制作を行っています。ブログからこれまでの製作例を見ることができるので、完成例もイメージしやすくなっています。

特徴は、フルオーダーなのに気軽に頼める価格です。

費用

サイトを確認すると、名刺のデザイン費用は6000円(+税)となっています。

さらに、ブログの製作例にあるデザインと同じものを選ぶと、2000円引きとなります。

パンフレットを製作した場合の費用に関しては確認することができませんでしたが、フルオーダーなのに気軽に頼めるお友達価格、とあるように費用はかなり抑えることができそうです。

 

BtoB、BtoC向け どちらもお考えの方

③マツムラクリエイティブ

 

3

https://peraichi.com/landing_pages/view/matsukuri 

機能

マツムラクリエイティブは、オーソドックスで様々な場面で使えるミニパンフレットを作成しています。

専任のスタッフがヒアリングを行い、原稿を作り、デザインを制作するため、手間をかけずにオリジナルのパンフレットを作成できます。

また裏表2面のみの名刺から4、6、8面あるミニパンフレットまで用途に合わせて選ぶことができるのも魅力です。

費用

 

費用は制作するミニパンフレットの面数により異なります。

トータルの概算、税別で、

1枚(2面) 20,000円+100枚 3,500円

2枚(4面) 30,000円+100枚 8,500円

3枚(6面) 

折り目スジ入り加工:無し 40,000円+100枚 13,000円

折り目スジ入り加工:有り 40,000円+100枚 17,000円

4枚(8面)

折り目スジ入り加工:無し 50,000円+100枚 13,000円

折り目スジ入り加工:有り 50,000円+100枚 17,000円

(納期などによって値段が前後する可能性あり)

 

このように、費用がある程度固定されていて分かりやすいのは魅力の一つです。


④販促応援ドットコム

4

https://www.hansoku-ouen.com/product-detail-ondepanf_mini.html

機能

販促応援ドットコムの最大の特徴は、パンフレットの作成がオンラインで完結するところです。

オンデマンドでありながら、用紙の種類、使用する色数、加工方法など様々なディティールを指定することができます。またこちらが用意したデータを入稿すると、およそ1週間で仕上がるなどスピードにも非常に優れています。

ただしオンラインで完結する仕様上、名刺に印刷するデータは全て自分で用意する必要があります。

自社にデザインや広告制作に関するスキルがある社員がいる場合は、自社でデザインを完成させて印刷してもらえますが、そうでない場合は別途デザイン会社にパンフレットのデザインを依頼する必要があります。

費用

費用はオプションにより異なりますが固定されており、サイトから確認することができます。

参考として、A7二つ折り両面カラーで、

100冊 10,500円

200冊 11,170円

500冊 13,180円

となっています。


⑤エー・ディー・ビー キャリーパンフ

45png

https://adb-w.jp/original/carrypanf.html 

機能

キャリーパンフの強みはなんといっても「手軽さ」と、受け取った相手が中面を開いて読んでいただける工夫を施した「ずらし折り」という独自の折り加工(実用新案登録済み)です。1万円台からBtoBにもBtoCにも使える効果的なミニパンフレットを作成できます。

さらに通常は完成まで1ヶ月から2ヶ月かかるパンフレット作成ですが、弊社は3週間で納品いたします。

このようにお手頃価格かつ短期間で制作可能なキャリーパンフですが、現場の営業の方々からも大変好評をいただいているように、非常に本格的な作りとなっております。

名刺交換をビジネスチャンスにするツールとして、自信をもっておすすめできます。

費用

税別で

100部 19,800円

200部 29,800円

500部 49,800円

となっています。

デザイン費用込みで1万円台という破格を実現しております。

まとめ

今回は5つのミニパンフレット制作サービスを比較しました。

それぞれに強みがあり向いているシーンが異なることを理解していただけたと思います。

弊社のキャリーパンフは安さと速さを実現しながら、「商談につながった!」というお客様の喜びの声を多数いただいており、自信を持っておすすめすることができます。

ご不明な点がございましたら、ぜひお問い合わせください。